top

アレルギー科アレルギー科

アレルギー科とは

アレルギー物質により目・鼻・耳・皮膚・気管支などに現れるさまざまな症状に対し診断・治療を行う診療科目です。

花粉症

すべての花粉が「花粉症」の原因となりますが中でも「スギ花粉症」、「イネ科花粉症」、「ブタクサ花粉症」は3大花粉症と言われ特に「スギ」「ヒノキ」「ブタクサ」「カモガヤ」などは飛散花粉数が増加しています。

また、症状がひどくなると、咳がでたり、のどや皮膚のかゆみ、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、からだや顔のほてり、イライラ感など、からだのあちこちに症状があらわれ、患者様の中には、肉体的にも精神的にも意欲が低下して生活の質(QOL= Quality of Life)が大きく損なわれてしまうことがあります。

花粉症の治療

治療としては、抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬を主体とした内服薬と症状によっては点眼薬や点鼻薬を併用します。
抗ヒスタミン薬は、副作用として眠くなることが多くありましたが、最近ではあまり眠くならない薬も出てきています。
また、薬の服用は、症状が強くなる前に初期治療を始める方が、症状の悪化を抑制するとも言われています。

花粉症の時には耳鼻咽喉科にかかる方が多いと思いますが、当クリニックでも花粉症の診療が可能です。
毎年、花粉症の症状にお悩みの方、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

アレルギー性鼻炎

アレルギーによって引き起こされる「鼻炎」ことをいいます。
花粉などによって起こる「花粉症」の鼻炎がありますが季節に関係なく、一年を通じて症状が現れる「通年性アレルギー性鼻炎」もあります。

通年性アレルギー性鼻炎の症状は、花粉症ほど症状が強くありませんが一年中症状が現れるため、大きな負担となります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患のひとつです。
乳幼児期に始まることが多く、強いかゆみをともなう湿疹ができ症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

  • 診療内容
  • 内科
  • 生活習慣病
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
  • 禁煙外来
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 検査
  • 人間ドック
  • 健康診断
  • 予防接種
  • 個人情報保護方針
モバイルサイト QRコードが便利です
ページのトップへ
ページのトップへ